京都グラインド&バンプス(Kyoto Grind & Bumps=KGB)は、京都市のメンバーを中心としたスキーヤー、サイクリスト、モーターサイクリスト、ボルダラーの集まりです。

Bouldering

ホールドの種類と持ち方

ホールドの種類と持ち方

あなたが登っていると、いろんな人があれこれと指示をしてくれるでしょう。
「次の青いピンチを持ったら、ヒールフックして…」等と。
用語やホールドの持ち方の呼び名を覚えると随分得です。

Kyoto Grind & Bumps

ガバ

安心して掴める大きなホールド

ガバ ガバ 持ち方

カチ

小さなホールド。
親指を人さし指の上に重ねて持つ方法をカチ持ちと言います。

カチ カチ 持ち方

ポケット(ポッケ)

指が1〜3本入る穴状のホールド。

ポケット ポケット 持ち方

アンダー

掴む方向が下からのホールド。
体を上に上げれば上げるほどよく効きます。
アンダー アンダー 持ち方

ピンチ

左右から挟み込むようなホールド。
ピンチ ピンチ 持ち方

スローパー

表面が滑らかで丸っこいホールド。
たいてい掌で押さえながら登ります。
これをパーミングと呼びます。
スローパー スローパー 持ち方

ラップ

丸くて大きめのホールドを小指、薬指を中心に、包み込む(ラッピング)するように掴む方法です。
ラップ ラップ 持ち方

ジブズ

木ねじで止めた小さなホールドやスタンスです。
ジブス ジブス 持ち方

カンテ

壁の形状が角張っている場所。 ドイツ語。
本来はもっと大きな岩場の三角形の凸状の形状を指しますが、ボルダリングでは写真のような角もカンテと呼びます。
カンテ カンテ 持ち方

クロス

手を交差してホールドを取りに行く行為。
クロス

ヒールフック

主に体のバランスを取るためにクライミングシューズの踵の部分をホールドに引っかけること。
ヒール

キョン

キョン:本来はドロップ・ニーと言います。
ホールドを取りに行く時に、手と同じ側の膝を内側にひねり込む方法。
これによりスタンスの捉えが確実となり、壁に身体が付き、リーチも出ます。
キョン

スポット

落ち方が危険になりそうな時、下で補助をすること。 他にギャストン(ガストン)、木村ステップ等ムーブの呼び名がありますが徐々に覚えていけば良いことです。
 
Kyoto Grind & Bumps

Copyright ©2009 Kyoto Grind & Bumps All Rights Reserved.